日本での婚約指輪の普及

 日本で婚約指輪を結納品に添えることが普及したのは1960年頃だと思われます。1970年になると婚約指輪の取得率は67%になります。当時は真珠や誕生石の婚約指輪が主流でした。

 その後、ダイヤモンドの婚約指輪が飛躍的に伸びたのはテレビCMの影響でした。「お給料の3か月分」というキャッチコピーとともに、日本人の男女モデルによるCMが流された1982年には、婚約指輪の取得率は79%。そのうちダイヤモンドの婚約指輪は70%を占めています。CMは、「お給料の3か月分」というキャッチコピーは大きなお世話だとしても、描かれているシーンが心に残る見事なCMでした。  普段あまり目にすることのない「他人のプロポーズシーン」と、美しいダイヤモンドの指輪に日本中の男女が目を見張りました。


千葉県でホテルウェディングの結婚式場をお探しならハミルトンホテル上総
千葉県でホテルウェディングの結婚式場をお探しならハミルトンホテル上総。一人からふたりへ、エンゲージリングからマリッジリングへ。大切なゲストに囲まれて、二人の永遠の愛を誓う時、祝福のエンジェルが舞い降ります。君津駅より徒歩3分の好立地。


新宿でホテルウエディングするなら
新宿でホテルウエディングするならヒルトン東京。世界レベルのホスピタリティで ゲストに抱く感謝の気持ちをカタチにしよう。


東京銀座で婚約指輪・結婚指輪をお探しなら

プロポーズされたらまずは東京銀座にある婚約指輪・結婚指輪の専門店シライシへ行きましょう。薬指におふたりの未来をお届けします。

ティアラ